FC2ブログ

くらちゃんねる


大谷翔平 

 

息子:「父さん、俺、高校卒業しても大学行かんけぇ。」
父 :(助かった…、学費の心配せんでもええわ、と思いながら) 「なんでや?」
息子:「俺、高校卒業したら、すぐプロ野球選手になるけぇ。」
父 :(そういうこと…、やっぱ学費は必要かぁ、と思いながら) 「おう、頑張れよ!!」

息子(小学校3年)との会話です。

プロ野球のキャンプも始まり、まさに球春到来。
わくわくする季節になりました。
海の向こうアメリカ・メジャーリーグのキャンプインも近づいていますが、
今年はなんといっても、エンゼルスに移籍した大谷翔平の動向が注目されますね。

メジャーリーグでも二刀流で、アメリカ人の度肝を抜いてやれ!!

さて、その大谷翔平のエンゼルスとの契約金や年俸は目を疑うほど低いものです。
契約金が231万5000㌦(約2億6000万円)、
年俸はマイナー契約のため6000万円~2億5000万円ぐらいだそうです。
(外国の25歳未満の選手との契約には小難しいルールがあるんですって…)

ちなみに過去の移籍選手の金額は…
松坂大輔  :5200万㌦(6年契約)総額約60億円
ダルビッシュ:6000万㌦(6年契約)総額約46億円
田中将大  :1億5500万㌦(7年契約)総額約161億円
前田健太  :2500万㌦(8年契約)総額約30億円《+ 8150万㌦〈96億円〉出来高払》
(円ドルレートはいずれも当時のものを反映しています)

これを見れば、エンゼルスはええ買い物しましたねぇ。
とはいえ、大谷翔平が所属した日本ハムには、
譲渡金2000万㌦(約22憶4000万円)を支払っていますが…。

その日本ハム、
2018年3月期の連結純利益は前期比6%増の370億円になる見通しです。
もちろん、この中には大谷翔平の移籍金が含まれていますよ。
本業は人件費の上昇などで従来予想からは下振れしたようですが…。
なんて、孝行息子なんでしょう。

さて、我が家の小学校3年生の契約金は、いくらになりますかな…?

父ちゃんは、お仕事頑張って、一応あんたの学費、用意しとくけんね!!


category: マネー

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top