FC2ブログ

くらちゃんねる


ゴールドウィン 

 

ラグビーワールドカップ(W杯)。

9月20日(金)、いよいよ日本で開幕ですね。
2002年のサッカーW杯に比べると、
ファン人口の違いからいまいち盛り上がりには欠けますが、
それでも約40万人もの外国人観光客が来日するそうで、やはり一大イベントです。

ラグビー日本代表のジャージーのデザインは
赤に白の横線で、左の胸元に桜のエンブレムが刻まれ
「桜のジャージー」と呼ばれています。
皆さんも一度はご覧になられたことがあるのではないでしょうか。

では、右の胸元の
アルファベットの「C」が3つ並んだようなマークはいかがですか。
「見たことはあるけど、詳しいことは…。」という人が多いかも…。
私は恥ずかしながら、詳しいことは知りませんでした。

これはニュージーランド生まれの
世界的なラグビーブランド「カンタベリー」のロゴです。
ちなみに「C」が3つ並んでいるのではなく、
3羽のキューイが並んでいる様子を表しているんですって…。
つまり、ラグビー日本代表のジャージーは
「カンタベリー」が提供しているということですね。
ラグビーW杯は11月2日(土)までの長丁場。
多くの場面で「カンタベリー」のロゴを目にすることになります。

では、「カンタベリー」の国内商標権はどこが保有しているのでしょうか。
はい、「ゴールドウィン」です。

「ゴールドウィン」はミズノ、アシックス、デサントに次ぐ4位の規模ですが、
競技スポーツの他にアウトドア製品が充実していることが特徴です。
「ザ・ノース・フェイス」もゴールドウィンがライセンス契約を保有しており、
「エレッセ」「ヘリ―ハンセン」などの海外有力ブランドも製造販売しています。

なかなかどうして、目の付け所がよろしいようで…。

この「ゴールドウィン」の株価、
年初から3割近く上昇し、日経平均の上昇率(10%)を大きく上回っております。

ゴールドウィン、膠着状態のマーケットにタックルを!!

category: マネー

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top