FC2ブログ

くらちゃんねる


コロナショックⅩ<バブル再来?> 

 

38915.87円。
1989年12月29日、日経平均株価の終値ベースの最高値です。
(相場中は同日に38957.44円まで上昇しています)
いわゆるバブルの絶頂期です。

このバブルはどのように発生したのでしょうか。

プラザ合意。
バブルの起点は1985年9月22日、
先進5カ国蔵相会議でドル高是正の合意がなされた、その日です。
会議の場所は、ニューヨーク・セントラルパークのプラザホテル。

当時、アメリカは財政&貿易の双子の赤字に苦しんでいました。
反面、日本は経済力と技術力を目覚ましく発展させ、
安くて品質の良い商品がアメリカにどんどん輸出されていたのです。

太刀打ちできなくなったアメリカは、為替を「円高ドル安」に誘導する強硬策に出たのです。
プラザ合意前は1㌦=240円近辺のレートは円高がすすみ
1988年1月には1㌦=120円にまで急騰しています。

円高になれば製造業の多い日本は当然苦境に立たされます。
不況の波に呑みこまれた時の金融政策は、とにもかくににも利下げ(金融緩和)。
日本銀行は5%あった公定歩合を2年後には2.5%まで下げ、戦後最低の数字になりました。

金利が下がれば企業は金利負担が軽減されるため、
銀行からからお金を借りやすくなります。
事実、当時莫大なお金が銀行から企業に流れました。
そのジャブジャブにあふれたお金が
「土地神話」や「NTT上場」にあおられる形で、バブル経済を形成したのです。

今、コロナショックを受け
アメリカは、ゼロ金利と量的緩和を復活させました。
日本は、ETFを120兆円&REITを1800憶円に、それぞれ買い入れ額を倍増させました。
未曾有の金融緩和。

黒田日銀総裁は、「中央銀行ができることは何でもやる」とおっしゃっています。
その言葉の行きつく先は、令和バブルかもしれません。

category: マネー

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top