FC2ブログ

くらちゃんねる


大納会 

 

「バッサリ、やってください」
先日、久しぶりに理容室に行ってきました。
その時の、第一声です。

私は耳に髪がかかるのが嫌いで、手入れも簡単なことから、
理容室に行く時は、いつも思いっきり短くしてもらっています。

「仕事をはじめて40年。
昔は暮れになると、お正月を控えて散髪する人も多かったけどねぇ、
このごろは、そういう人はすくのうなったねぇ…。」

私の髪を切りながらお店のご主人がおっしゃいました。

ウラを返せば、
普段から「おしゃれ」に気をつけている人が増えたということでしょうが…。

暮れの株式市場では「大納会」が恒例行事。
ゲストを招いて、1年の取引を締めくくります。
今年のゲストは、「なでしこジャパン」の佐々木監督と安藤梢選手です。

サッカーW杯で優勝した「なでしこジャパン」にあやかり
世界での存在感を高めたいという願いも込められているようです。

しかし現実には、東京証券取引所での売買は低迷が続いています。
2007年には1日平均3兆円近くあった売買代金が、
最近では1兆円を割れることもしばしば。

先日、発表された
「東京証券取引所と大阪証券取引所の統合」のニュースは
「生き馬の目を抜く」金融市場の結末と理解できます。

前述したように、売買代金の1日平均はピークの
3兆円から1兆円前後へと、約70%の減少です。

デイトレーダーが株式市場で幅をきかせているという現実を考慮しても、
ピーク時からの約70%の売買代金減少は、まさしく「半値8掛け2割引き」。

今年はどんな「大納会」になるのでしょうか?

威勢のいい「三本閉め」を聞ききながら、
再び勢いづく日本の株式市場を思い描てみます!!




category: マネー

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top