FC2ブログ

くらちゃんねる


辰巳天井 

 

ポスティングシステムでメジャー移籍を目指す、
日本ハム・ダルビッシュの入札額は
30億円~40億円といわれ世間の関心を集めています。

しかし、私にとっては「どこ吹く風」。
ダルビッシュよりも黒田博樹の動向が気になって仕方ありません。
そう、私は生粋のカープファンなのです。

「帰って来い!!」

今年のカープは毎年のことですが序盤で息切れし、
とにかく勝負どころでの弱さが目立ち、
優勝した中日とは実力の差は歴然としていました。

「中日」といえば「ドラゴンズ」、
「ドラゴン」といえば「辰」で、来年の「干支」ですね。

相場の格言に
「辰巳(たつみ)天井」というものがあります。
「辰年もしくは巳年に天井をつける」という意味です。

過去の「辰年」を検証してみると…。
2000年の辰年は1998年からの「ITバブル」の天井をつけています。
1988年は翌年(巳年)のいわゆる「バブル経済」の頂上を目指し、年間で40%近く株価が上昇しています。
1976年も年間で13%近く株価が上昇し、景気が拡大しています。

こうしてみると、この格言は「的」を得てますが、
来年の「辰年」に限っては、「天井」はなさそうですね。
巳年(2013年)天井の地盤作りはあるのかな…。

株式市場では盛り上がりを欠く1年でしたが、活況であった市場も…。

そう金相場です。

8月、NY商品取引所での金先物相場で
1トロイオンス(約31g)が1900ドル(約15万円)近くまで上昇しました。
リーマンショック直後の700ドル近辺から2.7倍近くにまでなったのです。

「株」が天井をつけるときも、悪い材料はほとんど聞かれず、
「このままずっと上がり続ける」という感覚に捕らわれるものです。
さて、今回の「金」はいかに…。

「辰巳天井」は相場の格言で、
株式市場に限ったことではないのかもしれません。

いずれにしても、
相場の「辰」には頑張ってもらうことにして、
野球の「辰」には静かにしてもらうことにしましょうか。

頑張れカープ!!

category: マネー

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top