FC2ブログ

くらちゃんねる


1,000億ドル 

 

「今の状況なら、どうしても守りの発想になりますね。
早く勢いのある話が聞きたいです。フェイスブックのような…」

私は身の回りの「経済」を分かりやすく伝える講座を開催しています。
金利・株式・為替・投資信託などを時事問題と絡めて
生活に役立てていただきたいという趣旨です。

冒頭の言葉は昨年の9月、株式をテーマに講座を行なった際、
受講生からいただいた感想です。
今もそうですがその時も、円高と欧州債務問題が経済の足を引っ張り、
株式市場も不安心理が充満していました。
(現在はアメリカのゼロ金利政策延長のニュースで、不安心理が多少後退していますが…)

その時は、東証1部の約7割の銘柄で、
PBRが1倍を割れていることを引き合いに出し、
「上がらずとも、下がりにくいのでは…」という話しをしました。

(PBRとは株価と会社の解散価値を比べた指標で、
「売られすぎ」を判断する時によく参考にされます。
機会があればまた詳しくお話ししますね!!)

講座の趣旨や経済環境も手伝い、
「もっと威勢のいい話が聞きたい!!」という、受講生のもっともな感想でした。

その「フェイスブック」。
2月1日、米証券取引委員会(SEC)に上場申請をおこないました。
上場時の株式時価総額は最大で1,000億ドル(約7.7兆円)に
達する可能性があるということです。

ちなみに日本。
2月2日のトヨタの時価総額が10兆円強で№1。2位のドコモが5兆9,000億円強ですから、
その規模がいかに莫大なものかが分かります。
(2004年に大学生がサービスを始めたばかりの会社なのに…)

私はアナログ人間でソーシャルネットワークというものに、一抹の味気なさを感じるのですが、
フェイスブックの上場が、アメリカのみならず、
世界の株式市場の起爆剤になって欲しいと思っています。

冒頭の受講生も、楽しみにされているでしょうね。

category: マネー

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top