FC2ブログ

くらちゃんねる


日立の復活 

 

「またソニー下がったん?」

妻のキツイ一言です。

テレビ事業の苦戦でソニーは12年3月期の決算で
4500億円以上の赤字を計上しています。
日ごろ経済にあまり関心のない妻も、この手のニュースには敏感なようで…。

そうです。
私はソニーの株主なんです(ほんのわずかですが…)。
購入したのはもう10年以上も前ですが、その間に株価は1/10に…。
「やっぱ証券会社を辞めたのは正解じゃろう?」
自虐ネタを心の中で呟きながら、自らを慰めるしかありません。

そんなソニーを尻目に大復活を遂げた会社が…。
そう「日立」です。
こちらは逆に4000億円以上の黒字で、連続最高益を更新です。

「大復活」。
その原点は、09年3月期にさかのぼります。
その決算で日立は7800億円以上の大赤字を計上しています。
ここから日立の復活劇が始まっています。

復活への戦略は
①デジタル家電の縮小
②社会インフラ関連の強化
③リストラの断行
この3点です。

言葉を換えれば
①苦手分野の克服
②得意分野の強化
③ムダのカット
です。

これは大企業だけでなく、
中小零細企業の戦略にも共通しているのではないでしょうか。

かつて経営不振に陥り、6800億円以上の赤字を計上した日産。
こちらは「ゴーン改革」で復活を果たしています。
この復活の陰にも、この戦略が見られました。

「今度はソニーの番でぇ~!! ちゃんと復活して、嫁さんに文句いわせんでよ!!」

category: マネー

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top