FC2ブログ

くらちゃんねる


正念場 

 

♪この道はいつか来た道

北原白秋・作詞、山田耕筰・作曲の「この道」。
日本の歌百選にも選定される、懐かしく心が穏やかになる童謡です。
歌詞には白秋が旅行した北海道の情景と
母方の実家である福岡県の情景が歌い込まれています。

世界経済を震撼させている「欧州債務危機」。
その推移を見詰めつつ、ふとこの童謡を思い出してしまったことは、
この情緒あふれる詞とメロディーに、いささか失礼なのですが…。

「アジア通貨危機」。
1997年7月よりタイを中心に始まった、アジア各国の急激な通貨下落です。
ジョージ・ソロス率いるヘッジファンドが影の主役と言われています。
その影響でタイ、インドネシア、韓国は経済的に大きな打撃を受け、IMFの管理下に入りました。

今、ヨーロッパが歩んでいる「道」は、かつてアジアが歩んだ「道」に重なってみえます。

当時、日本でも「バブル崩壊の後遺症」と「アジア通貨危機」の複合的な要因で
97年11月、三洋証券、山一証券、北海道拓殖銀行といった大手金融機関間が
たった1か月で「3つ」も経営破たんしています。

98年秋には日本長期信用銀行、日本債券信用銀行という政府系の金融機関の大型破たん。

まさに異常事態。

09年10月、ギリシャの政権交代を機に表面化した「欧州債務危機」。
その火種はイタリアなどに飛び火し、現在その主戦場は不動産バブルの崩壊で
不良債権問題に苦しむ「大本営スペイン」へ。

先日のEU首脳会談で危機に対する一定の対策が決議されたことで、
一旦世界の金融市場は落ち着きを取り戻しています。

単一通貨ユーロは最後の「砦」を守り切れるか!?
まさに、「正念場」ですね。





category: マネー

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top