FC2ブログ

くらちゃんねる


黄金比率 

 

1:1.618。
この比率は、いわゆる「黄金比率」といわれるものです。
ピラミッド、オーム貝、ひまわり、名刺のサイズなどにみられ、
世の中で一番安定していて、美しい比率といわれています。

「黄金比率」は、
0 1 1 2 3 5 8 13 21 34 55 89 144 233…
という数列(フィボナッチ数列)をもとに算出されています。
13÷8=1.625
21÷13=1.615
34÷21=1.619
55÷34=1.617
89÷55=1.618
というように、それぞれの項を左隣りの数字で割った答え(商)は
限りなく、「1.618」に近づきます。

逆に、
21÷34=0.617
34÷55=0.618
55÷89=0.617
89÷144=0.618
144÷233=0.618
というように、それぞれの項を右隣りの数字で割った答えは、
限りなく「0.618」に近づいていきます。

株価の世界でも、これらの数値をもとに広くチャート分析が行われています。

先月(9月)は、ヨーロッパ、アメリカ、日本と、それぞれの中央銀行が
金融緩和を行いましたが、株価の反応はいま一つといった状況です。
日経平均は、3月の高値から6月の安値への下落に対する
61.8%(0.618)戻りの水準が9484円だとか…。

そんな遠慮した控えめな上昇ではなく、
秋の空のごとく、高いところまで昇りつめてほしいものです。

category: マネー

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top