FC2ブログ

くらちゃんねる


ラジオ体操 

 

「あた~らしい、あさがきた♪、きぼ~うのあさ~だ♪」
夏休みの風物詩、ラジオ体操の歌です。

2人の娘と一緒に、ここ2ヶ月で5キロ増えた体重を、
少しでも落とすため、ラジオから流れる
ピアノの伴奏に併せて体を動かしています。

最初は、日頃の運動不足も手伝って、少し体操をするだけで、
筋肉痛になってしまい、我ながら情けないものがありました。

最近では、少子化や他のスポーツ活動の早朝練習の影響もあり、
夏休みの全ての期間で実施するのは珍しくなっているようです。

このラジオ体操、1925年にアメリカの保険会社メットライフ
(メトロポリタン生命保険)が、健康増進・衛生思想の啓蒙を
図る目的で考案されたそうです。


当時、保険事業の視察でアメリカを訪れていた、逓信省簡易保険局
(現在の、かんぽ生命)の猪熊監督課長が、日本に持ち帰り広まりました。
だから、無料配布される出席カードは、
かんぽ生命がスポンサーになっているんですね。

リスクをコントロールする際、4つの考え方があります。
それでは、ラジオ体操は下記4つのどれに該当するでしょうか?

1.放置:発生頻度が低く、仮に発生しても手元資金で事足りれば、放っときましょう。
2.予防:風邪には手洗い・うがい。虫歯には歯磨き。
3.保有:老後資金や教育資金は、貯蓄・運用で対応しましょう。
4.移転:損害賠償、住宅火災etcは保険で対応しましょう。

もうお分かりですね。ラジオ体操は、2番、予防に該当します。
メタボ予防のため、残り少なくなった夏休み、
リスクを予防するため、娘達と一緒に頑張ます。

category: マネー

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top