FC2ブログ

くらちゃんねる


アレグラ 

 

「啓蟄(けいちつ)」

今日はこの言葉をいろいろなところで、見たり聞いたりされたのではないでしょうか?
二十四節気の1つ。
「冬ごもりしていた虫たちが、春の暖かさを感じて外に這い出してくる頃」ですね。
ちなみに、「啓」には「ひらく、開放する、(夜が)明ける」などの意味が、
「蟄」には「冬ごもりのために虫が土の下に隠れる、とじこもる」という意味があるそうです。

今日の広島市は「啓蟄」にふさわしく、とっても気持ちのいい天気になりました。
ベランダから見える「梅の花」がニコニコ笑っているようです。
自然と気持ちも春めいてくるのですが…。

喜んでばかりもいられません。

そう。「花粉症」なんです。

花粉症の方々は、そのお薬として「アレグラ」を思いうかべる人が多いと思います。
これは、アメリカの製薬会社サノフィ・アベンティスが開発したお薬です。
こちらは指定医薬品として、お医者さんの処方があって初めていただけるものです。

ややこしい話になりますが、最近はアレグラ人(嵐の大野智くん)がテレビなどで宣伝する
「アレグラFX」というお薬の名前をよく耳にします。
こちらは、久光製薬が販売元の一般用医薬品です。
薬剤師さんの説明・助言のもとに購入できるお薬です。
(この2つのお薬、有効成分の含有量、添加物の種類については相違ないとのことです。
詳しいことは薬剤師さんに聞いてくださいね。)

「アレグラFX」のようなお薬は、規制緩和の恩恵を受けて誕生したようです。

といっても、「混合診療」「医薬品ネット販売」「スイッチOTC」など、
医療や医薬品業界の制度は複雑怪奇で、わからない部分が多くあります。
規制緩和が進み、私たちの生活がよりよいものになるのなら、歓迎なんですが…。

「アベノミクス」の3本目の矢は「民間投資を喚起する成長戦略」で、
その1丁目1番地は「規制緩和」と言われています。

かゆい目とむずむずする鼻に苦しみながら、
「3本目の矢」がデフレの病原体に突き刺さるのを期待しています。

category: マネー

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top