FC2ブログ

くらちゃんねる


8月17日 

 

「くっっそう~。 よりによって、人の誕生日に…。」

証券会社時代に、10年以上、公私にわたって可愛がってもらった人の言葉です。

2007年8月17日。
フランスの大手銀行BNPパリバ傘下のヘッジファンドが、事実上破綻しました。
原因はサブプライムローン関連の金融商品を大量に保有していたことにあります。

このニュースが流れた東京株式市場では、日経平均株価が-874.82円の大暴落に見舞われ、
1年後に起こるリーマンショックの伏線になりました。

冒頭の言葉は、その人の取引終了直後のものです。
あれから6年。
時間のたつのは本当に速いですね。

今の時期には、もう1つの思い出があります。

1995年8月15日。
外国為替市場で、その春先から極端に進んでいた円高を修正するため、
日米欧が「円売りドル買い」の協調介入を行い、急激に円安が進み始めたのです。
いつの時代も円安は株価上昇の大きな要因ですが、
ご多分にもれず、その時も15日に+536.15円、翌16日は+706.01円と大暴騰!!

当時、私は新入社員だったため、相場の動きはさほどではないのですが、
株価上昇で「鼻息」の荒くなった、「熱い」支店長の様子はよく憶えています。

夏休みで市場参加者の少ないマーケットは、材料が出れば、普段にも増して大きく動くこともあります。
その意味では、1995年8月の協調介入は抜群のタイミングでした。

さて今年の夏は…。
今日の新聞には、「暑さで不快になり、前向きな投資姿勢を失う…」というコラムまでも。
それはある意味、「穏やか」な状態の裏返しかもしれません。

しかしこの秋は、一筋縄ではいきそうにありませんね!!

消費増税は予定通り実施が決断されるか!?
アベノミクス成長戦略第2段(法人税の減税なるか)!?
アメリカ・次期FRB議長のポストは誰に!? etc。

どうも「あわただしく」なりそうです。

滞りなく準備を!!

残者が厳しい8月17日の前日、事務所にて。

category: マネー

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top