FC2ブログ

くらちゃんねる


エルニーニョ現象 

 

「今日は雨じゃけぇ~、株は下がるの。」

証券会社時代のお客さんのつぶやきです。
マーケットの主戦場である「東京」と
お客さんがお住まいであった「広島」とでは、天気は当然違います。
また「東京証券取引所」では世界中のマネーが取引されています。
快晴の場所からも、曇りの場所からも、
場合によっては雪の場所からも注文があるはずです。

天気が株価を左右するというのは、あまり信憑性のないものだとは思いますが、
その「つぶやき」は妙に身にしみたのをおぼえています。
雨はそれだけ人の気持ちを憂鬱にするものなのか。
そもそも晴れても降っても「下げ相場」だったのか…。

今月1日、消費税が8%に増税されました。
消費のエキスパート、セブン&アイ・ホールディングスの会長・鈴木敏文さんは、
「景況感の見極めは6月」と見ておられます。
8%の消費税に慣れて平時の消費活動に戻れるのか、
それとも拒絶反応を起こして生活防衛に走るのか…。

そこに大きな影響を与えるのは、実はお天気だともおっしゃっています。
「天候に恵まれて夏物商戦がうまく立ち上がれば、いい方向にいくのでは」と。

そんな中、先日気象庁から気がかりな予報が。それは…。
「この夏には、5年ぶりにエルニーニョ現象が発生する可能性が高い」というものです。

5年前は2009年。
7月には中国・九州北部を中心に記録的な豪雨。北日本では寒秋。
そして、マーケットは前年秋におきたリーマンショックの余波で混乱が続いています。

日々のお天気が、株価を左右することはあまりないと思うのですが、
天候不順は景気の足を大きく引っ張ってしまいます。

おりしも消費増税。
エルニーニョ現象が心配です…。

category: マネー

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top