FC2ブログ

くらちゃんねる


リーマンショック 

 

10年。

2008年9月15日。
ちょうど10年前、アメリカの投資銀行リーマン・ブラザーズが経営破綻し、
世界中のマネーが凍り付きました。
日経平均株価もリーマン破綻直前の12214円から、
あれよあれよという間に6994円まで下落したのです。
その期間、わずか1カ月余りの出来事でした。

リーマンショックは、アメリカ住宅バブルの崩壊が原因といわれます。
2001年頃からアメリカでは政策金利が歴史的な低さに誘導され
その結果、あふれたマネーが住宅投資に向かったのです。

住宅価格は常識的な価格を超えて上昇し、
それを担保に返済能力が弱い人(サブプライム層)も
容易に住宅ローンを組むことができました。
これがサブプライムローンです。

当初は住宅の価格が上がっていたので、
このローンの評価は高く、問題はありませんでした。
ところが2007年頃から住宅価格が下がり始め、
サブプライムローンが不良債権になり始めました。

さらに厄介だったのが、
サブプライムローンを抱き合わせた金融商品も数多くつくられており、
その価値も下がり始めたことです。
その結果、リーマン・ブラザーズも多大な損失を抱え、
10年前の9月15日、破綻に追い込まれたのです。

危機後、先進国の中央銀行が足並みをそろえ
金融緩和を強力に推し進めたことで、
グローバルマネーは平穏を取り戻すことができました。

しかし、平穏を取り戻すことができたらそれでいいのでしょうか。
リーマンショックから10年。
この節目に過去の失敗を噛みしめる必要があると思います。

次回は、問題の根本ともいうべきバブルについてお話致します。

category: マネー

tb: --   cm: 0

△top

夏バテ 

 

夏だ!! 暑い!! ビールが美味い!!
(寒くてもビールは美味しいんですが…)

18年の夏は猛暑を通り越して酷暑となり、
7月23日には熊谷市で41.1度の過去最高気温を記録するなど、
まさに全国各地が無料サウナ状態です。

気象庁も
「命の危険がある暑さ。一つの災害と認識している。」とコメントし、
熱中症などへの注意喚起を促しています。

こうも暑ければ「夏銘柄」と呼ばれる
ビールやアイスクリームの製造を手掛ける会社の株価は上昇しているのでは…。
と、思いきや、暑すぎて逆に消費が伸び悩み株価はさえないというのです。

ビール業界の通説では
「最高気温が35度を超えるとビール消費が伸びなくなる」とのこと。
(私のビール消費量は、暑くても寒くても一定量ですが…)

アイスクリームメーカーの株価もしかり。
暑すぎると口当たりがこってりしているアイスクリームより、
さっぱりしたシャーベットなどの氷菓に需要が移り、収益はマイナスになるそうです。

暑けりゃ、いいってもんじゃないんですね。

そうそう、あまりの暑さに蚊の活動量が低下し、殺虫剤の売れ行き低迷で、
フマキラーやアース製薬の売り上げも落ちているとやら…。
(ほんまかいなぁ)

豚さんや鶏さんも暑すぎて食欲が鈍り、生育が遅れているそうです。
出荷されるサイズまでなかなか育ってくれず、市場までに時間がかかるんですって。

いずれにしても、18年の夏は株価も人も家畜さんも、み~んな夏バテ気味ですね。

では私は今夜もしっかりビールを呑んで、夏バテ対策をするとしますか!!

category: マネー

tb: --   cm: 0

△top

ハーレー・ダビットソン 

 

「もし海外に移したら見てるがいい。終わりの始まりだ」

トランプ大統領はアメリカの巨額貿易赤字改善のため、
貿易ルールを軽視する中国だけでなく、同盟国にまで圧力をかけ始めました。
日欧カナダなどに鉄鋼・アルミニウムの関税措置を発動し、
世界はまさに貿易戦争の様相を呈してきました。

もちろん同盟国であろうと報復措置は検討中で、EUはいち早くその具体例を発表。
その中の1つが、アメリカからヨーロッパに輸出されるオートバイへの追加関税です。

痛手を食らうのがアメリカ二輪車大手ハーレー・ダビットソン。

ハーレーの売上高の2割弱はヨーロッパで占められています。
EUの報復措置で、アメリカから輸入されるハーレーの関税は6%から31%に上昇し、
バイク1台当たり2200㌦(約24万円)のコスト増につながるといいます。

ハーレーはほとんどのバイクをアメリカで生産していますが、
ブラジルにも小規模な生産拠点を持っているようです。
つまり、ブラジルでバイクを生産し、それをヨーロッパに輸出すれば追加関税は免れます。

経営者としては、ヨーロッパでの販売減を避けるため、
当然、ヨーロッパ向け輸出の生産拠点を海外に移すことを選択しますね。
逆にアメリカの雇用は減少します。

この動きに激高したのがトランプ大統領。
冒頭のコメントはそんなハーレーの動きに、怒りをあらわにしたものです。

トランプ大統領が仕掛けた貿易戦争は、巡り巡って自国産業を揺らすことになっています。

マーケットはトランプ大統領が仕掛ける貿易戦争は
ディール(取引)と割り切り、いつ引くかを見極めています。
反面、中国だけでなく同盟国とのこのチキンレースは
11月のアメリカ中間選挙まで長期化することは必至の状況です。

しばらくトランプ語録に辟易(へきえき)することが多くなりそうですね…。

category: マネー

tb: --   cm: 0

△top

顔?は口ほどに物を言う 

 

娘:「あの人、昨日言ったことと、今日言うことがいつも違うんよ!!」
母:「それ絶対B型よ!!気分屋で、自分勝手で、すぐ忘れる!!父さんと一緒よ!!」

小6の娘と妻の会話です。
そう、私の血液型はB型。
妻の発言を否定するつもりはありません…。
まあ、基本面倒くさいんで、いつもスルーしています。

この「面倒くさい」「スルー」もB型の特徴とか…。

最近では研究がすすみ「血液型」だけでなく、
「顔」からも個人の性格や、
場合によっては職業までも推定する技術が発達してきているようです。

マーケットでは「顔認証関連銘柄」といったものもあるんですよ。

アメリカの諜報機関は各国首脳の性格や健康状態、
さらには精神状態までも映像で判断しています。

こんなエピソードがあります。
昨年の4月、トランプ大統領と習近平国家主席が会談をおこないました。
和やかな夕食の最中、トランプ大統領は習主席に、
「今、シリアに向けて59発の巡航ミサイルを発射した。」と、唐突に言ってのけたのです。

その時、習主席はとっさに返事ができず、アメリカを非難しませんでした。

これはアメリカの諜報機関が過去の映像から習主席の性格を
「慎重な性格で準備を怠らないので失敗は少ないが、予想を超えるサプライズには弱い」
と分析し、当初から仕組んだシナリオだったといわれています。

調子に乗って、facebookに顔写真を載せてる場合じゃないですね…。

TPP離脱や鉄鋼輸入制限、そして自動車の関税強化など
世界経済の常識と秩序を乱しまくるトランプ大統領。
「顔認証技術」では彼の性格をどう評価しているのでしょうか?

ちなみに、トランプ大統領の血液型は…、A型だそうです。

category: マネー

tb: --   cm: 0

△top

ダイソン 

 

北の町から南の町まで 素敵な夢を届けます~♪
心休まるゆとりの生活 電話一本かなえます~♪
ジャ~パネット♪ ジャパネット~♪
夢のジャパネットたかた♪

ご存知、通信販売会社『ジャパネットたかた』のCMソングです。
4月の日経新聞・最終面『私の履歴書』は
『ジャパネットたかた』創業者・髙田明さんのあゆみが記されています。

機敏なフットワークとエネルギッシュな行動で通販事業を成功させた髙田さん、
ビジネスと人生を心から謳歌しているのが伝わってきます。

さて、『ジャパネットたかた』で紹介される商品はたくさんありますが、
なかでも頻度が高いのが掃除機のように感じます。
それも『ダイソン』!!
もちろん他のメーカーの掃除機も紹介されますが、
やはり『ダイソン』の掃除機は頭一つ抜けたインパクトですね。

『ダイソン』といえばイギリスの家電大手です。
代名詞ともいえるサイクロン式掃除機は、
創業者のジェームズ・ダイソン氏が開発し
日本で最初に技術が認められ製品化したそうです。

そのダイソン氏、目下EV(電気自動車)の開発に躍起になっています。

「バッテリーやモーター、空調、ロボットと必要とする技術は全て持っている」。
鼻息気を荒くするダイソン氏は2020年にEV市場に参入する予定です。
さらに、「日本が最初の市場になる可能性もある」とのこと。

自動車業界からは
「電気メーカーが造れるのか」といった疑問の声もあるようですが…。
『ダイソン』には、
過去15年間で511億円を投じて開発した新型モーターがあるようです。
高い吸引力があり、1回の充電で60分の運転が可能で、
「掃除機とクルマどちらにも使える」だそうです。

自動車業界は世界的に環境規制の強化もあり、
EV開発や自動運転技術など最先端の開発が進んでいるか否かで
株価が決定される傾向があります。

アメリカのEVメーカー・テスラなどは大赤字でも株価は急騰しています。

業界の勢力図は大きく変わるのでしょうか。

もしかしたら、
ジャパネットたかたでEVの通販!? そんな時代がくるかもしれませんね。

category: マネー

tb: --   cm: 0

△top